原宿・明治通り沿いb6 Lotfir Blog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 
Love at first Sight
—ひとめぼれ—


何度恋をしても
また新しい恋におちる
また運命の出会いがやってくる
いつもドキドキしている
いつまでもキラキラしている

次の瞬間
またひと目で恋におちる

何歳になっても
ドラマの始まりは
Love at first sight


--- SHOP INFO ---

Lotfir (ロットファー)

〒150-0001 東京都
渋谷区神宮前6-28-6
b6 JINGUMAE 1F

TEL:03-5774-8816
FAX:03-5774-8817

OPEN TIME
11:00am 〜 20:00pm

ホームページ >>
MAP >>
私は。
久しぶりに映画を観ました。

『私は貝になりたい』

この映画を選択したのは、

ただ単に中居くんが好きだから。

それだけ。

映画のストーリーとか監督とか

全く興味ありませんでした。

戦争のことでしょおー。とかくらいで

戦争ってゆっても、わたしにはピンとこない。

学校の授業で学んだけど、

おばあちゃんにも聞いたけど、

日本の昔話にしか思えない。

なんか、リアルにとらえられませんでした。



でも、この映画を観て

戦争のことを考えました。

今まで“戦争”という行為自体が非難されているのだと思ってました。

それだけじゃないんですね。

戦争中に傷ついた人が、戦争後にもっと傷つくとゆう現実。

事実を理解してくれない理不尽な判断。

残された家族、仲間。

終わった後のほうが、残酷なのかもしれない。

全てが終わることなんてないのかもしれない。

わたしが観たのはほんの一部で、まだまだ知らないことがいっぱいあるはず。


すっかり丸坊主でガリガリの中居君にもショックを受けたけれど

それ以上に、

映画のストーリーがいまだに消化しきれない自分自身に驚いています。



わたしは映画に影響されやすいから、

ミッションインポッシブル観た時には

映画のワンシーンの橋の上の銃撃戦で自分も撃たれる夢みるし。

パイレーツオブカリビアン観た時は

わたし、海賊になるの!!とか言っちゃうし。



だけど、こんなに心の中に残っちゃう苦しい映画なんてなかったから

ファッションには程遠い事ですが、

Lotfirのブログに書かせていただきました。

戦争のことについては、みなさまそれぞれ意見や考え方があると思うので

サキのひとりごと

として読んでいただければ、と思います。
e0153690_12362059.jpg


こんなにおっきいポップコーン完食しちゃったり

「中居君かっこいーー」

とか思いながら観ているわたしが住む日本は

たくさんの痛い出来事を乗り越えてくれた人たちがいるから

平和を目指せるのかな。


Love & Peace



Lotfir  サキ
[PR]
by lotfir | 2008-12-12 13:35 | SAKI
<< 柄。 輝。 >>


Copyright © 2008 Lotfir All Rights Reserved.